忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

27時間テレビの司会にさんま「感動はいらない、おもしろいテレビを」フジテレビ系夏の恒例番組「FNS27時間テレビ」(7月26日後7・0~27日後9・54)の総合司会を、お笑いタレントの明石家さんま(52)が単独で務めることが15日、分かった。

さんまの総合司会は第1、第3回以来、19年ぶり3度目。
日本中を笑いに包むべく、“あみだババア”から“ダメダメボーイズ”まで、伝説的キャラクターたちを復活させ、27時間をしゃべり倒す。

(中略)

昨年までの全21回に何らかの形で出演しているのはさんまだけ。
三宅氏は
「さんまさんにお願いしたところ、快く…」
「快くはないですよ!」
とすかさずさんま。
「去年の27時間が終わった後、三宅さんが勝手にぼくの名前を書いて企画書を出してしまい、『今度定年なんで』とお願いされたんです」
とこぼした。
しかし、受けた以上はベストを目指す。
番組では、さんまと三宅氏が「ひょうきん族」などから産んだブラックデビル、アミダばばあ、しっとるけ、なんですかマン、パーでんねん、貴子ママ、ダメダメボーイズの7大キャラを復活させ、27時間の中で神出鬼没の登場をする予定だ。

50歳を超えての27時間トークにさんまは、「週に1回寝ない日があるので、普通の感覚でできると思う。
気づくと、『おれ36時間しゃべってるよな』とかありますんで。
それほど驚くことではないんです」と涼しい顔。それどころか、「100キロ走りながらしゃべろうか」と、他局の長時間テレビの目玉も頂こうかという勢いだ。

涙はいらない、感動はいらない。楽しくおもしろいテレビを目指してやるだけです」とさんま。
27時間笑わせっぱなし、という過酷な!?トークマラソンを前に、気合いを入れている。
(sanspo)

昨年の孫悟空ことSMAPの香取が司会で「なまか」がテーマだったのとは雰囲気ががらりと変わりそうだ。
感動ものではなく、バラエティー、お笑い中心の27時間テレビになりそうなので、個人的には楽しみだ。
フジといえば、「笑っていいとも」司会のタモリと、さんまが久々に絡むのではないかと期待も膨らむ。

また、「ひょうきん族」時代のキャラが復活するのなら、可能性は低そうだが、たけしが出てくることも期待してしまう所。
今のところ、フジから発表されている企画は、島田紳助率いる「クイズ!ヘキサゴンII」の面々が参加。
紳助VSさんまの生対決や、4月からレギュラー化された「爆笑!!レッドカーペット」フォーマットにのった「爆笑!!列島カーペット」。
このほかも恒例の「かま騒ぎ」など、お笑い番組とクイズ番組がメインではないだろうか。

最近は、“嫌いな芸人”にもランクインするようになったさんまだが、この企画が成功するかで評価は大きく変わるのでは。がんばってもらいたい。
PR
前の記事:小西真奈美デビュー曲が台湾チャートで3日連続1位。
次の記事:「さくらパパ」にまた愛人疑惑 民主手配のホテル宿泊は本当か?
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%81%8A%E7%AC%91%E3%81%84%E3%83%BB%E8%8A%B8%E4%BA%BA/27%E6%99%82%E9%96%93%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%81%AE%E5%8F%B8%E4%BC%9A%E3%81%AB%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%BE%E3%80%8C%E6%84%9F%E5%8B%95%E3%81%AF%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%81%E3%81%8A%E3%82%82%E3%81%97%E3%82%8D%E3%81%84%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%82%92%E3%80%8D
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]