忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「芸能プロという組織の良しあし」を語る場合、所属するタレントの知名度や数、業界での権勢ぶりなど、"組織が持つ力"を指すことが多かった。
だが、それはあくまで組織を外側から見た場合である。では、アイドル目線ではどうだろうか?

いわゆる、"アイドルの定義"はさておき、今の芸能界でアイドルという存在は、
「タレントにも、歌手にも、女優にも、どれにもなれない中途半端な存在である」
(大手芸能プロ幹部)
という。
また、永遠のアイドルという呼称は存在するが、(イロモノ的な扱いを受けている42歳の桜井美香は別として)"最年長グラビアアイドル"というキャッチフレーズで話題を集めているほしのあきがいまだ32歳であることを考えると、アイドルに「年齢」という賞味期限があることは明らかだ。
とすれば、アイドルにとって最も必要なのは"次の肩書"のステップだろう。
「芸能界で息の長い活動を続けられる職種といえば、歌手もしくは女優。つまりこれらの仕事へシフトさせることができる芸能プロが、アイドルにとって"良い芸能プロ"」
(中堅芸能プロ社長)
と考えるのが自然だ。と、すると、映画や音楽制作を同時に行っている大手芸能プロはやはり強い。
「バーニングプロダクション、オスカープロモーション、ホリプロ、スターダストプロモーション、アミューズ......大手と呼ばれる芸能プロのほとんどは、テレビや映画、ときには楽曲の制作にまでかかわっていて、映画やドラマのキャスティングへの発言力も強い。例えばスターダストは、柴咲コウ、ERIKA(沢尻エリカ)やYUIなど、映画や音楽などのジャンルをミックスさせた売り方で結果も出している」
(前出・社長)
アイドルという中途半端な立場を考えると、資本力のある大手芸能プロへの所属は有利のように思える。
だが実際、"アイドル"として活動している女の子らの声に耳を傾けると、大手に所属することに決して肯定的な意見ばかりではない。
「仕事をもらうため、テレビ局のお偉いさんよりも先に、自分の事務所のマネージャーや社長に気に入られないといけない。大手では、よほど売れているコでない限り、ひとりのマネージャーで5~10人くらいのアイドルを担当するから、自分を上手にアピールしていかないと、売れっ子とのバーター仕事でさえ、ほかのコに持っていかれる。単純に大手に所属したからといって安心していると、そのまま何年も大した仕事をもらえずに飼い殺しということも十分にありますよ。」
PR
前の記事:亀田史郎氏がCDPVで「俳優デビュー」
次の記事:榮倉奈々「余命1ヶ月の花嫁」イベントで涙
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB/%E7%8F%BE%E5%BD%B9%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB%E3%81%8C%E6%9C%AC%E9%9F%B3%E3%81%A7%E5%91%8A%E7%99%BA%E3%80%80%E8%89%AF%E3%81%84%E8%8A%B8%E8%83%BD%E3%83%97%E3%83%AD%E3%81%A8%E6%82%AA%E3%81%84%E8%8A%B8%E8%83%BD%E3%83%97%E3%83%AD
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]