忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

“不仲説”を認めたスキマスイッチのこれから05年から3年連続で「紅白歌合戦」(NHK)に出場した人気ユニット「スキマスイッチ」。
昨年1年間、活動を休止していたことで“喧嘩別れ説”がささやかれていたが、ついに活動を再開した。

6日にラジオの公開生放送に出演。
久々に2人揃ってファンの前に姿を見せ、ギクシャクぶりが目に付いたのだが……。

ピアノの常田真太郎(31)はトレードマークだったアフロヘアをやめて心機一転をアピールしたが、ファンの間で評判が良かった軽妙なトークは冴えないまま。
これまで、ほぼメールのやりとりだけで曲作りしてきたことを明かすなど、不仲説は真実だったことを告白した。

実際、ボーカルの大橋卓弥(31)が
「1年間ソロ活動してみて一緒に曲を作ることの大切さに気づいた」
と振り返ると、常田も
「たしかに顔を合わさないことが増えていましたね」
としんみり。
まるで恋人同士の“復活愛”を聞いているような真剣トークで、会場には重たい空気が流れていた。

もっとも、ファンにとって活動再開はうれしい限り。
2人の関係がなんだかぎこちないままなのは明らかだが、2人でスタジオに入ってゼロから作ったという新曲「虹のレシピ」(5月20日発売)は、いままでにないメッセージ性の強いものになっている。

生まれ変わったスキマスイッチは、はたしてファンに受け入れられるだろうか。
PR
前の記事:宇多田、声が出せない…米国プロモ活動延期
次の記事:長野&坂本の愛情こもったバースデープレゼントに井ノ原が苦笑い
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88/%E2%80%9C%E4%B8%8D%E4%BB%B2%E8%AA%AC%E2%80%9D%E3%82%92%E8%AA%8D%E3%82%81%E3%81%9F%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81%E3%81%AE%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]