忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「アムロ」女王復活のなぜ 路線転換で「時代先取り」? 歌手の安室奈美恵さん(30)の新シングルが、オリコンランキングの1位の座を獲得した。実に9年3か月ぶりという快挙。

ワイドショーなどではその理由を「時代がアムロに追いついた」など特集する一方、専門家からは「これまで安室さんが抱えてきたマイナス要因がなくなって、モチベーションが回復したからでは」という比較的冷めた見方もある。

2008年3月24日に発表された3月31日付けのオリコン・シングルランキングによると、安室さんの新曲「60s 70s 80s」(3月12日発売)が、その前の週の初登場2位から順位を上げて首位を獲得した。
シングルのトップ10入りは14年連続で女性アーティスト最長だが、首位獲得は98年の「I HAVE NEVER SEEN」以来9年3か月ぶり。
ながらくトップの座から遠ざかっていたことになる。

今回の作品は、60年代~80年代の海外曲を日本語でリメイクしたもの。安室さんは01年に小室哲哉さんのプロデュースを離れて以来R&B(リズム・アンド・ブルース)色の強い作品をリリースしており、今回の作品もこの流れに沿ったものだ。

このことから、今回の「首位奪還」を報じるメディアでは、「CMのタイアップが奏功した」との見方のほか、「安室さんの『路線転換』が受け入れられた結果なのでは」といった論調が目立つ。特に、3月26日朝放送の日本テレビ系ワイドショー「スッキリ!」では、「時代がアムロに追いついた」とまで持ち上げて見せた。

ところが、専門家からは、違った分析も聞こえてくる。新星堂フリーペーパー・DROPSのチーフ・エディターでJ-CASTニュースモノウォッチでもコラム「音盤見聞録」を担当している加藤普(かとう・あきら)さんは、復活の理由を大きくふたつあげる。ひとつは、「モチベーション説」だ。

加藤さんは、「売れる要因」について、
「アーティストの作品の売れ行きというのは、もちろん『メーカーがどれくらい一生懸命プロモーションをするか』というのはあるのですが、アーティスト自身の『売りたい』とか『頑張りたい』といった気持ちが非常に大きく影響します」

と説明。
PR
前の記事:ジャニーズコンサートは怖い?熱狂的ファンは非常識?
次の記事:吉川ひなの・SHINOBU焼き鳥屋→自宅。
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88/%E3%80%8C%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%80%8D%E5%A5%B3%E7%8E%8B%E5%BE%A9%E6%B4%BB%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%80%80%E8%B7%AF%E7%B7%9A%E8%BB%A2%E6%8F%9B%E3%81%A7%E3%80%8C%E6%99%82%E4%BB%A3%E5%85%88%E5%8F%96%E3%82%8A%E3%80%8D%EF%BC%9F
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]