忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 演歌歌手、山本譲二(59)が22日夜、都内で緊急会見を開き、右耳に腫瘍ができ、難聴になっていることを衝撃告白した。
病名は顔面神経良性腫瘍で、治療法によっては顔面神経痛を併発する可能性が高いという。

 山本によると、今年5月末から右耳が聞こえづらくなり、6月24日に都内の病院で、鼓膜を破って耳の奥に溜まった水を抜く治療を受けた。
今月2日にCT検査で中耳に突起物があることが発覚。
21日のMRI検査で「顔面神経良性腫瘍」と診断された。

 山本は、
「右耳の下に鈍痛があります。こういう状態で絶好調だと、ウソをつくのがイヤだった。ダマして歩くよりは、堂々と歩きたい」
と会見を開いた理由を説明。
病気の前例は少なく、原因も不明だという。
「先生からは、放射線治療をすれば99%の確率で顔面マヒになっちゃうので、お勧めしないと言われました。腫瘍は米粒3つ分の大きさで、だんだん大きくなる可能性もある」
と山本。

 深刻な診断結果に、一時は自暴自棄になり21日のブログでは
「俺、右の耳は捨てた。左の耳で生きていく」
などと書き込んでいた。
しかし、ファンから激励のメッセージが殺到し、前向きな気持ちを取り戻した。

 来月3日に権威と呼ばれる医師の診察を受け、手術を含めた治療法を話し合っていくそうだ。
PR
前の記事:ビビる大木&酒井若菜が熱愛!婚前旅行も
次の記事:前田五郎が関与否定…脅迫状「知りません」
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E8%AD%B2%E4%BA%8C%E3%80%81%E5%8F%B3%E8%80%B3%E8%81%9E%E3%81%93%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%EF%BC%81%E3%80%8C%E8%85%AB%E7%98%8D%E3%81%A7%E9%9B%A3%E8%81%B4%E3%80%8D%E8%A1%9D%E6%92%83%E5%91%8A%E7%99%BD
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]