忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

引きこもりからチワワ系美少女へ…光岡昌美初アルバム2008年12月にリリースされたシングル「last cross」でオリコンシングルチャート13位を記録したチワワ系美少女、光岡昌美
そんな彼女の魅力を一言で言い表すと「天真爛漫」。
ただ、そんな見た目とは反して、彼女の心の内面は深くえぐられた言葉達で囲まれおり、初となるファースト・フルアルバム「Black Diary」(ポニーキャニオン・3990円)は、自分が暗闇を感じていた頃からの集大成的な内容になっているという。

オリジナルの作品は全て彼女の作詞によるもので、
「全部、実体験から生まれている詞で人と人との裏にある、“傷つけあう部分”に触れて人間不信にもなりました。」
と話す彼女は
「自分が傷ついたりするなら、誰にも会わない方がいいと思って自分の殻に閉じこもっていた」
時期もあったと言う。

そんな時、「作詞・ポエム・想い」という形で自分の感情の捌け口として書き綴られた詞達。
「自分の居場所みたいな感じがした」
と本人が語る作詞活動がいつしか作品となって出来上がっていき、今作でその集大成としてアルバムが完成。

タイトルの由来は?と聞くと、暗闇=Blackという意味と日記感覚で歌詞を書いてきたという意味で「Black Diary」にという答えが。
1曲毎に感情が違う日記感覚で楽しんでもらえる作品にしたかったという、22歳の光岡昌美のリアルが詰まった1枚になっている。

森田童子が1976年にリリースした名曲を名プロデューサー吉俣良の手で生まれ変わった「ぼくたちの失敗」のカバーも収録。
実際の引きこもり体験から描かれた内面、でもその見た目は愛くるしいキュートなチワワ系美少女。
現代に生きる若い世代の女性たちが抱え込んでいるリアリティがこの作品には詰め込まれている。



PR
前の記事:ママが大胆露出!松雪泰子“ナマ”足チラリ
次の記事:チュートリアル・徳井義実、夏川結衣と通い愛
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88/%E5%BC%95%E3%81%8D%E3%81%93%E3%82%82%E3%82%8A%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%81%E3%83%AF%E3%83%AF%E7%B3%BB%E7%BE%8E%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%81%B8%E2%80%A6%E5%85%89%E5%B2%A1%E6%98%8C%E7%BE%8E%E5%88%9D%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%A0
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]