忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

音楽業界にまた激震! 詩音逮捕に見るヒップホップシーンの薬物汚染神奈川県警は10日、違法薬物「ケタミン」を使用・所持していたとして、女性シンガーの詩音麻薬取締法違反で逮捕した。

ケタミンの不法所持では、2年前にglobeのマーク・パンサーの妻が逮捕されているが、そもそも詩音とは何者なのか。

音楽関係者が解説する。

「詩音は"ウェッサイ"と呼ばれるヒップホップシーンから出てきたシンガーで、バラード系の曲で人気が出ました。現在の所属はインディーですが、大手の音楽レーベルが流通や宣伝面でバックアップし、CDを出す際にはテレビのスポットCMを流すなどしており、それなりのセールス実績も残しています。実質的にはメジャー系列のアーティストと呼べるでしょうね」
 ヒップホップ関係の薬物事件といえば、今年2月の練マザファッカーによるコカイン不法所持事件が記憶に新しいが、詩音の逮捕は
「メジャーの息がかかっている点で、音楽業界に与えるインパクトはより大きい」
(前出の関係者)
 実際、ヒップホップ系のクラブでは、ケタミンが以前から出回っており、当局は監視の目を強めていたようだ。
「幻覚作用のあるケタミンは、2005年に麻薬指定されるまで、エクスタシー同様の効果が得られる合法ドラッグとして人気を呼んでいました。今でも比較的流通量の多いドラッグのひとつと言えます」
(クラブ関係者)
 押尾事件以降、音楽業界でも"ドラッグ自粛"の風潮が強まっているとされる。
そんな中、ただでさえ人気が低迷しているヒップホップ界にとって、今回の詩音逮捕は大ダメージとなる公算が大きい。
「ヒップホップやR&B系列の音楽は、よほどJポップ風にアレンジし直さないと売れない時代です。ラッパーやR&Bシンガーは、コーラスなどの添え物ならともかく、ピンでデビューするのは難しいのが現実。そこにきて、今回のようにドラッグで捕まるリスクもあるとなれば、多くのレコード会社やマネジメント事務所はさらに敬遠するでしょう」
(前出の関係者)
 いずれにしても、押尾事件でエイベックス社の担当マネジャーが逮捕されたように、当局の捜査は被疑者の周辺にも及ぶ傾向が強まっている。
今回の詩音逮捕では、どのような"構図"が浮かび上がるのか。
PR
前の記事:大堀恵 AKB後輩に「アダルトグッズ」プレゼント
次の記事:小向美奈子、半年ぶりストリップ公演
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88/%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E6%A5%AD%E7%95%8C%E3%81%AB%E3%81%BE%E3%81%9F%E6%BF%80%E9%9C%87-%E3%80%80%E8%A9%A9%E9%9F%B3%E9%80%AE%E6%8D%95%E3%81%AB%E8%A6%8B%E3%82%8B%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%AE%E8%96%AC%E7%89%A9%E6%B1%9A%E6%9F%93
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]