忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

50歳森昌子、セーラー服で再出発歌手、森昌子(50)がインディーズ(自主制作)で新曲を作り、通信販売することが11日、分かった。

「電話一本でCDを届けるというぬくもり感を大切にしたい」との思いから、昨年4月に設立した個人事務所「おんがく工房」で“昌子直販”を展開する。
さらに、サンケイスポーツはコンサートリハーサルに潜入。
セーラー服で1972年のデビュー曲「せんせい」を歌う驚がく!?の光景を激写した。

昌子のファンは50~70代が中心。
「わたしですらCDショップに行くと、どこに何が置いてあるかわからず、迷ってしまう。きっとファンの方も同じに違いない」
健康器具など日頃から通販を利用し、新事務所の備品一式も通販でそろえた昌子は、
「CDも通販にしたらどうか」
とスタッフに提案。
今後、大手レコード会社に所属せず、自身の事務所がCD制作から販売まで一貫して手掛けることを決めた。

このほど、母親の子供への無償の愛を歌った新曲「子供たちの桜」(送料込1500円)が完成。
2月下旬の販売開始が決まり、
「1枚送るごとに真心が伝わると思うんです」
と力を込めた。

順風満帆の再デビューに見えた。
05年に歌手の森進一(61)と離婚。
翌年、20年ぶりの新曲を発表すると、NHKの紅白、朝ドラ、全国公演と次々仕事が舞い込んだが、
「あのときは全く余裕がなかった。20年も休んでいたのに、何の準備もなく出てしまって」
結局、07年9月に急性肺炎で倒れ、精神のバランスも崩し、約半年の休養を余儀なくされた。
「これが森昌子の望むことなのか、あの半年で考えることができた。その答え? 歌を歌い続けること。お客様が『楽しかったね』『元気が出たよ』と言ってくださることが歌手冥利だと思う」
その第一歩が今年のコンサート。
持ち歌を極力抑えて昭和の名曲をそろえ、コントやコスプレに挑戦する遊びごころ満載のステージだ。
「思い切ってセーラー服も着ようと思って。笑われるのも恥かくのも覚悟の上」
時流のミニには抵抗があり、男性マネジャーが百貨店の制服売り場を回り、何とかひざ丈まであるスカートを入手。
実母(76)は嫁入りに持参した自分の大島紬(つむぎ)をほどき、「岸壁の母」で着る作務衣(さむえ)を仕立ててくれた。
「だからね、母の年代の方にも喜んでほしいと心から思う。生まれてから今が一番、歌うことが楽しい」
ときっぱり。
“昌子直販”と失笑覚悟のセーラー服で、新生・昌子がスタートを切った。



PR
前の記事:あの男とも同棲を!援助交際!? 事務所を裏切り続ける沢尻エリカの今後
次の記事:安達母、初チクリ…井戸田にプチギレ
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88/%EF%BC%95%EF%BC%90%E6%AD%B3%E6%A3%AE%E6%98%8C%E5%AD%90%E3%80%81%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E6%9C%8D%E3%81%A7%E5%86%8D%E5%87%BA%E7%99%BA
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]