忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 来年のドラフト最大の目玉といわれる早稲田大学の斎藤佑樹投手に新情報が浮上した。
“ハンカチ王子”は野球の実力よりも注目度の方が高いという見方があり、後々は政界進出の話まで出ているが、テレビ局が将来のキャスター候補として着目しているという。

 背景にあるのはテレビ界を襲った未曽有の大不況である。
「制作費削減は聖域だったタレントのリストラまで広がっている。それで叫ばれているのが局アナの育成です。1人のスターアナを輩出すれば、中堅の若手芸人30人分に匹敵するコストパフォーマンスを生み出すといわれています。斎藤投手はそういった意味で条件を全部満たしている」
(テレビ関係者)
 中でも熱心なのが日本テレビとフジテレビ。
日テレとフジは斎藤に番記者をつけて取材をさせ、キャスターに興味を持った場合のケアも万全を期している。
なにしろ、キー局の受験は今度が最後だから必死。こんな話もある。
「今年行われたフジの青田買いの試験を彼が受験したという話が、テレビ界にアッという間に広まりました。結局、ソックリさんというオチがついたけど、日テレは慌てたそうです。情報収集に社会部記者まで駆り出していたからね」
(事情通)
 気になるのは本人の希望だ。
現段階では周囲の誰もがプロ入り確実とみているが、「落とし穴がある」と語るスポーツ紙デスクもいる。
 実は球界関係者の間では
「斎藤投手は大学1年が一番良くて最盛期は終わった」
という指摘がある。
事実、今年の斎藤のピッチングは精彩を欠き、秋季リーグの優勝を逃した。
「今秋、斎藤の防御率は最低の3.08。2年生の秋まで防御率が0~1点台で推移していたことを考えれば、ピークは過ぎているし、本人も悩んでいる」
(番記者)
 早大野球部100代目の主将に選ばれたハンカチ王子。
卒業後は、キャスターに転身か。
PR
前の記事:亀梨和也が主演!超短気な“ケンカ番長”になる
次の記事:CHEMISTRY、JUJU、スキマがたった1人に特別ライブ
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/%E6%94%BF%E7%95%8C%E9%80%B2%E5%87%BA%E3%81%AE%E6%AC%A1%E3%81%AB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%80%99%E8%A3%9C%E8%AA%AC%E3%81%8C%E6%B5%AE%E4%B8%8A%E3%81%97%E3%81%9F%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%81%E7%8E%8B%E5%AD%90
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]