忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タレント次々と…飯島愛さんと2200人別れ昨年12月に肺炎のため亡くなった元タレント飯島愛さん(本名大久保松恵、享年36)のお別れの会が1日、東京プリンスホテル(港区)で行われた。
一般の参列者を含め約2200人が故人をしのんだ。

発起人として奔走した中山秀征(41)は
「愛ちゃん、みんないっぱい集まってくれました」
と涙。
多忙なスケジュールを調整して、島田紳助(52)、「SMAP」の中居正広(36)らも駆け付けた。

タレントや関係者約700人、ファン約1500人が飯島さんとの別れを惜しんだ。終了後、取材に応じた中山は「これだけの人に来てもらい、飯島愛が歩んできた道の大きさが分かってもらえた」と声を振り絞った。

生前好きだったカサブランカ800本、桜の花などで彩られた祭壇の中央でほほ笑む遺影は04年4月、雑誌「婦人公論」(中央公論新社)の表紙用に篠山紀信氏(68)が撮影した1枚。
参列者は思い思いに献花し合掌した。

島田は、この日午後からレギュラー番組の収録があったため、前日28日まで出席が未定だった。
関係者の配慮で、7番目だった弔辞の順番を2番目にしたものの終了まで滞在。
弔辞では
「妹分のくせに女性関係を注意された」
などと思い出にふけった。
その後も報道陣の取材に対応。
15年前、飯島さんが島田の自宅を訪れファクスを取り付けたエピソードを明かし
「昨年新しいのを買いに行ったら、その1週間後に亡くなった。いまだに取り換えられない」
と涙で顔をくしゃくしゃにした。

TBS「サンデージャポン」の生放送を終えて駆けつけたテリー伊藤(59)は、一般参列者に交じって献花。
「(飯島さんを)あまり英雄視しないでほしい。本当にダメな人だった。こんなにたくさんの人を悲しませて…。いたら怒りますよ」
と行き場のない悔しさをぶちまけた。

お別れの会は、飯島さんが“芸能界の兄貴分”として慕っていた中山が今年1月半ばから遺族らと相談して計画。
中山の音頭に志村けん(59)、島田ら大物タレントらが発起人として名を連ね、その輪は広がっていった。

中山は弔辞で
「美人薄命とは言いますが、本当にその通り。あなたは日本の(マリリン)モンローです。また会おう」
と歯を食いしばってあいさつ。

一般参列者の献花は午後2時に締め切られたものの、2階の会場から1階まで続いた列は途絶えることはなかった。
PR
前の記事:アッコ暴露、石原真理子が紳助に迷惑メール
次の記事:中居正広、いいとも司会抜擢説を否定し「○○くんならできる!」発言
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88/%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88%E6%AC%A1%E3%80%85%E3%81%A8%E2%80%A6%E9%A3%AF%E5%B3%B6%E6%84%9B%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8%EF%BC%92%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%E4%BA%BA%E5%88%A5%E3%82%8C
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]