忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何かあったのか、TVから消える細木数子。昨年末に、「ズバリ言うわよ!」(TBS系)の3月での終了が決まったばかりだが、もう1本のレギュラー番組「幸せって何だっけ~カズカズの宝話~」(フジ系)も3月に終了することが決まったのだ。

細木数子は、15日の「ズバリ言うわよ!」で、テレビから降りる理由を、「もう頭が空っぽ。充電してまたお目にかかりたい」などと語ったが――。

「2本とも明らかにパワーダウンで、20%台をマークすることもあった視聴率も、最近では10%前半と低迷している。細木本人も、旬が終わったことを察し、惨めな視聴率になる前が引き際と思ったのでしょう」
(テレビ関係者)

また、細木が主宰する「水色の会」などの会員からテレビ出演への批判が増えるなど、会員の“細木離れ”を恐れての決断ともいわれる。

細木数子テレビ決別を違う側面で見ているのは、週刊現代で「魔女の履歴書」を連載し、暴力団と細木との関係を暴いたジャーナリストの溝口敦氏。
「細木数子は、連載に関して6億円の損害賠償を求めて裁判を起こしていますが、裁判所にはデタラメな陳述書を提出し、本人も陳述を避け続けるなど、ニッチもサッチもいかない状態なのです。本人がまいた種とはいえ、この裁判が暗礁に乗り上げたことがボディーブローとなったのは間違いない」

では、今後の活動はどうなるのか。

1月7日発売の「女性自身」によれば、細木は、この正月に京都の自宅近くで開催された「細木数子初詣会」で、08年は昨年までの「大殺界」を抜けて、運命周期のスタートとなる「種子」に入ったのだと言ったという。
「種子」とは、新しいことを始めると実りを見せるそうだが、細木には、それがテレビ出演をやめることと、新しい会館の建設なのだという。
なんとも都合のいい運勢のような気もするが……。

収入も激減のはずだし、それでやっていけるのか。
民放局のディレクターは言う。
「本人は気丈に決別宣言したように見えますが、1本600万円ともいわれるテレビのギャラが入らなくなるのは痛い。それに“細木教”の広告塔がテレビに出なくなれば、占い本やケータイ占い、墓石の売り上げに響くのは必至です」
PR
前の記事:深田恭子ドロンジョの生みの親は土屋アンナ
次の記事:浜崎あゆみ「聞こえない!」-ブログで心境を告白。
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88/%E4%BD%95%E3%81%8B%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%80%81%EF%BD%94%EF%BD%96%E3%81%8B%E3%82%89%E6%B6%88%E3%81%88%E3%82%8B%E7%B4%B0%E6%9C%A8%E6%95%B0%E5%AD%90%E3%80%82
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]