忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

羞恥心Paboといった“おバカ”ユニットのプロデューサー・島田紳助がモテモテだ。
羞恥心は年明けに活動を休止するが、紳助は困るどころか、ウハウハだという。

紳助が困らないのはプロデュースしたユニットが連続してヒットを飛ばし、それが評判になってタレントたちが新たにワンサカ集まるため。
今や紳助は“SS”と呼ばれて、かつて一世を風靡したTK(小室哲哉)と肩を並べるほどだ。

最近では羞恥心が年明けに活動を休止することもわかって、紳助の楽屋前には企画書を手にしたマネジャーが列をなし、紳助のレギュラーの「行列のできる法律相談所」にちなんで「行列のできる音楽相談所」と呼ばれているとか。

すでに、羞恥心、Paboの他に岡田圭右庄司智春波田陽区金剛地武志らのAIR BANDがあるし、里田まい with 会田兄妹もある。

今後の計画も目白押しで、熊田曜子ほしのあき安田美沙子のグラドルユニット、「行列」の出演者の石田純一磯野貴理東野幸治の“行列ユニット”、テレビ東京の「開運!なんでも鑑定団」の石坂浩二松尾伴内、鑑定士らのユニット“鑑定団”などがある。
紳助は3年かけてブレークさせて、ヒット後「紅白」出場が実現したところで解散させるパターンを考えているから、チャッカリしている。

紳助がもてはやされるのは理由もある。
「紳助に近づく人が多いのはプロデュースしたユニットが金でトラブらないため。紳助は音楽印税をそれぞれの事務所に均等にいくようにプロデューサーと話をするから信頼されているんです。意外と思う人が多いかもしれませんが」
(事情通)
紳助の人生の目標はお笑い界と音楽界で「天下を取ること」。

ひとつは実現しているわけで、今は2つ目の目標に向かって必死なのだ。
おバカなユニットにウンザリしている向きにはアホくさい話だが。
PR
前の記事:ロールスロイスを乗り回す牧瀬里穂のダンナ
次の記事:「恋の"から回り"!?」明石家さんまの視聴率崩壊に吉本涙目
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88/%E5%B3%B6%E7%94%B0%E7%B4%B3%E5%8A%A9%E3%81%AF%E6%9D%A5%E5%B9%B4%E3%82%82%E5%A4%A7%E5%84%B2%E3%81%91%E3%82%92%E7%94%BB%E7%AD%96%E4%B8%AD
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]