忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 覚せい剤取締法違反(所持)の罪で起訴された女優で歌手、酒井法子被告(38)が「覚せい剤の吸引用ストローは、コンビニのごみ箱などに捨てていた」と供述していたことが7日、分かった。

 酒井被告は
「吸引用のストローはビニール袋にまとめて、コンビニのごみ箱などに捨てていた」
と使用後の行動を初めて供述した。
サンケイスポーツは、東京・南青山の自宅マンション付近のコンビニを調査。
半径500メートル以内に7軒、1キロ以内に広げると24軒が点在していた。

 酒井被告がストローを破棄した可能性について複数のコンビニに直撃すると、「本当ですか?」と一様に驚きの表情。
自宅近くのコンビニ店員は
「(同被告が)ゴミを捨てている様子は見たことがない。袋にストローがつまった不審なゴミも見たことないですね」
と首をかしげた。

 夫、高相祐一被告(41)の逮捕直後、
「私も危ないと思った」
と供述した酒井被告は、尿鑑定での覚せい剤反応が消えるまで6日間も逃走。
毛髪鑑定では陽性反応が出たが、出頭前に髪を切った上、染めるなど数々の隠蔽工作を試みた“前科”があるだけに、ストローの破棄に関しても“用意周到”に行ってきたのかもしれない。

 目撃されやすい近隣のコンビニよりも、自宅から離れた遠方で捨てた可能性もある。
逃走時、酒井被告のマンション駐車場には自家用車が置いたままになっており、ストローを破棄する時は車を利用して遠方のコンビニに立ち寄り、まとめて捨てていたのだろうか…。

 また、酒井被告は高相被告、長男(10)と7月20日から30日まで出掛けた鹿児島・奄美大島での使用についても供述。
「旅行では覚せい剤をやらないと夫と約束したのに、使ってしまった」
と、手を出さずにいられなかった“反省”も述べているという。

 警視庁は今週半ばにも、7月に奄美で覚せい剤を使用した容疑で酒井被告を追送検する方針。
今月中に自宅での使用容疑と合わせて、東京地検が追起訴することになりそう。
PR
前の記事:「麻布署と押尾学の責任を問う」"ヤリ部屋"で変死の女性遺族が民事提訴へ
次の記事:V6岡田准一 映画版「SP」でマッチョ披露
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88/%E9%85%92%E4%BA%95%E6%B3%95%E5%AD%90%E8%A2%AB%E5%91%8A%E3%80%81%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%81%AF%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%8B%E3%81%AB%E6%8D%A8%E3%81%A6%E3%81%9F
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]