忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 覚せい剤取締法違反(所持)の罪で起訴された女優で歌手、酒井法子被告(38)が、元所属事務所、サンミュージックに謝罪の手紙を送っていたことが4日、分かった。

「本当に本当にごめんなさい」
などと綴られていた。
同社などが加盟する社団法人日本音楽事業者協会ではこの日、違法薬物問題対策本部の設置を発表した。
また、警視庁は酒井被告を、7月下旬に滞在した鹿児島・奄美大島での覚せい剤使用容疑で追送検する方針を固めた。

 相澤相談役は東京・四谷の所属事務所で、サンケイスポーツの取材に
「法子の字でした。自分のことは書いてなく、手紙というより謝罪文。みんなに迷惑をかけたということが書いてありました。切々と『本当に、本当に、ごめんなさい、ごめんなさい』とか同じ言葉を2回ずつ使ってました」
と明かした。

 謝罪文は3日午後に事務所に到着。酒井被告の逮捕で会長職から降格した相澤相談役と、社長から降格した相澤正久副社長(60)、担当マネジャーと運転手、ファンに向けた言葉が連なっており、封筒には弁護士の字で相澤副社長のあて名が記してあったという。

 東京湾岸署に拘留されている酒井被告は、弁護士以外の接見が認められていない。
相澤相談役は
「手紙を書くまで、冷静に物事を見られるような落ち着いた状態になったのかな。(留置場から)出てきたら、ゆっくり話をするでしょう。一番先にしかりますよ。当然です」
と複雑な“親心”をのぞかせた。

 しかし、現実にはイバラの道が続く。
酒井被告は自宅で覚せい剤を所持した罪で8月28日に起訴され、自宅で7月初旬に覚せい剤を使用した疑いでも追送検されている。

 同30日に夫と長男(10)の3人で滞在した奄美大島のホテルで覚せい剤を使ったことも認めており、
「自分が長男を連れて部屋に帰ると、入れ替わりで夫が長男を連れて外出した。その間に、部屋で夫が使った残りの覚せい剤を吸った」
と新たに供述していることが4日、分かった。

 警視庁は裏付けが取れ次第、同所での覚せい剤使用容疑も追送検する方針で、さらなる追起訴が確実に。
次々と衝撃事実が明らかになり、相澤相談役ら関係者の胸の痛みは深まるばかりだ。
PR
前の記事:「SPEED」メンバー3人がレーシック手術
次の記事:オードリー、春日に続き若林もインフルA型
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88/%E9%85%92%E4%BA%95%E8%A2%AB%E5%91%8A%E3%81%8C%E8%AC%9D%E7%BD%AA%E6%96%87%E3%80%8C%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AB%E3%81%94%E3%82%81%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%95%E3%81%84%E3%80%8D
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]