忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 合成麻薬MDMAを使用したとして麻薬取締法違反(使用)の罪で起訴された俳優、押尾学被告(31)が31日、拘留先の警視庁三田署から保釈された。

報道陣の前に姿を現した押尾被告は謝罪したものの、関係者が手配したシルバーのワンボックスカーで同署を後に。
ここから報道陣を乗せた約50台の車、バイクと、計4時間10分、約110キロにも及ぶカーチェイスが始まった。

 風雨が吹き荒れる東京で、“シャバ”に出た押尾被告はいきなり、奇妙なドライブを展開した。

 押尾被告のほか、弁護士ら関係者数人を乗せたワンボックスカーは31日午後6時20分ごろ、追走する報道陣の車両約50台を引き連れて三田署を出発。
海岸通りから新橋を通過し、まず首都高霞が関ICから5号線を池袋方面に北上した。

 さらに、埼玉・美女木JCから外環自動車道に入り、川口西ICでいったん一般道へ降りた後、フェイントをかけて、再び川口西ICから外環道へ。
さらに、首都高へ戻って板橋本町ICで下りた。

 身元保証人として東京地裁に届け出ている父親の自宅(東京・多摩市)へ向かうとは思えない走行はまだ続く。
板橋本町→成増→光が丘→大泉学園と板橋、練馬両区を移動。
大泉学園と埼玉・新座を往復しながら、陸上自衛隊朝霞駐屯地付近の路地を迷走した。

 すると報道陣の車両は次々と離脱。
同駐屯地付近で、“生き残った”報道陣はバイク2台とサンケイスポーツを含む車両4台。
同じ路地を何周もするカーチェイスに、周辺の住民は外に出てボー然と見つめていた。

 最後に押尾被告の車は、練馬区の同被告の弁護士宅付近を深夜まで周回。
その途中、1人が地下鉄有楽町線の小竹向原駅近くで下車。
その人物を追跡した報道陣の1人が、同駅の改札を通り抜けた瞬間を目撃した。
押尾被告は1メートル84と身長が高く、本人とみられる。

 その後、実家へ向かうと思われるが、押尾被告の口から死亡した女性への謝罪の言葉が聞ける日は来るのか?
PR
前の記事:山下智久&錦戸亮、インフルエンザA型感染
次の記事:イモト中継なしゴール…手越からは“ご褒美”
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E4%BF%B3%E5%84%AA/%E6%8A%BC%E5%B0%BE%E8%A2%AB%E5%91%8A%E9%80%83%E8%B5%B0%E3%80%81%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%A8%EF%BC%94%E6%99%82%E9%96%93%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]