忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

松山ケンイチ『デトロイト・メタル・シティ』の本音『DEATH NOTE デスノート』シリーズで孤高の天才・Lを演じ、若手俳優として第一線に躍り出た松山ケンイチ
彼が、ふたたび人気コミックの映画化に挑んだ話題作『デトロイト・メタル・シティ』がいよいよ公開になる。 

大分県の田舎町から、ミュージシャンデビューを夢見て上京してきた根岸。
いわゆる“渋谷系”ポップソングが彼の目指す音楽スタイルだが、なぜか悪魔系デスメタルバンド“デトロイト・メタル・シティ(DMC)”のギターボーカル、ヨハネ・クラウザーII世としてカリスマ的な人気を博してしまう。

やりたいことと求められることの違いに関して尋ねると、松山は「僕自身はギャップがないので」と前置きしつつ、意外な発言が返ってきた。
「僕がもしも根岸だったら、自分の音楽を追究するよりも、周りに受け入れられているクラウザーの方向に流されてしまうんじゃないかなと思いました。だって、そのほうがラクじゃないですか。だけど、根岸はそうじゃない。求められることに答えながら、自分のやりたいことも諦めない。そこがすごく格好いいし、好感がもてるし、尊敬できるんです」
 クラウザーはファンにとってのカリスマでありヒーローだが、松山は「根岸も僕からすれば、ひとつのヒーローです」と言う。
その発言には、尊敬の念が感じられた。



PR
前の記事:嵐大野にファンの反乱!24時間テレビで「抗議のテロ」決行か
次の記事:SPEED再結成!今井が息子の障害初告白
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E4%BF%B3%E5%84%AA/%E6%9D%BE%E5%B1%B1%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%81%E3%80%8E%E3%83%87%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E3%80%8F%E3%81%AE%E6%9C%AC%E9%9F%B3
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]