忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いよい佳境に入ったNHK大河ドラマ「篤姫」。
ヒロイン2人の実際の女の闘いもヒートアップしているという。
主人公を演じる宮崎あおい(22)と、和宮役の堀北真希(19)だ。
以前、2人一緒の取材を申し込んでもNGで、目も合わさないことが話題になったが、その関係は今も続いているという。

6月に2人の共演シーンの撮影が始まると、不仲報道はさらにエスカレート。
堀北の「カツラが重くて動きにくい」という言葉を伝え聞いた宮崎が「それなら、出なきゃいいのに」と言い放ったとか、堀北も「胸の大きさなら負けない」と逆襲したとか、おもしろおかしく伝えられた。

それが奏功したのか、堀北が初登場した8月17日放送分は、北京五輪女子レスリングで伊調馨が金メダルを獲得した日にも関わらず、視聴率はこれまでで最高の27.7%を記録した。
「堀北のおかげで数字が上がったと思われるのがシャクだったのか、宮崎は、もともと愛想など振りまかなかったのが、ますますダンマリになった。スタジオ入り当初、年下の堀北が宮崎の楽屋へあいさつに行こうとしたら、『来なくていい』と断られたとかで、以来、堀北も、スタジオでは必要以上のことはしゃべらなくなり、現場はシーンとしています。スタッフのウケは、気の強い宮崎より控えめな堀北のほうが圧倒的にいい」
(テレビ情報誌記者)
その堀北は10月スタートの“月9”「イノセント・ラブ」で主演に抜擢。
堀北が掛け持ちするため「篤姫」のスケジュールはますますタイトになり、スタッフは夏休み返上で当たったと言われる。
これも主演の宮崎にはおもしろくなかった。

「女優同士、仲がいいなんて、ありえないですよ」とは芸能評論家・肥留間正明氏だ。
「自分と同じニオイの若手が現れた時、ツブしてやるという気持ちになるのが普通。かつて佐久間良子と三田佳子は口も聞かなかったし、桃井かおりも新人時代の岸本加世子を、『このスタジオ、何か変なニオイしない?』とイビった。食うか食われるか。堀北もへこたれずに切磋琢磨すれば、スタジオに緊張が走っていいドラマが生まれるはず」

宮崎は共演者に愛想を振りまいたりするタイプではないことはこれまでも散々伝えられてきたが、演技にはストイックだがそういう輪を大切にする性格ではないようだ。
演技にこだわるため、堀北とは役柄で対立するのだから、変に仲良くすると演技に入り込みにくいとか思っているのかも?
なにはともあれ、「篤姫」の人気はうなぎのぼり。

今後もしばらくはおもしろおかしく伝えられてるかもしれないが、それでさらに人気が出るのならそんなの問題なし!?



PR
前の記事:ケンシロウとユリアが“結魂”式!
次の記事:ヘキサゴンコンピCDタイトル決定…新ユニットも誕生
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E5%A5%B3%E5%84%AA/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E3%81%82%E3%81%8A%E3%81%84vs%E5%A0%80%E5%8C%97%E7%9C%9F%E5%B8%8C%20%E6%92%AE%E5%BD%B1%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E3%81%AF%E3%81%A0%E3%82%93%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%AE%E5%86%B7%E6%88%A6%E7%8A%B6%E6%85%8B%EF%BC%81
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]