忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 覚せい剤取締法違反(所持、使用)罪で起訴された女優で歌手、酒井法子被告(38)の夫で、同罪で起訴された自称プロサーファー、高相祐一被告(41)の初公判が21日、東京地裁で行われた。

法廷は飲食禁止にもかかわらず、ほうじ茶を持ち込み飲むなど、非常識であきれた行動を連発。
ただ、起訴事実は認め、逮捕時に覚せい剤を持ち歩いていた理由について
「法子が隠れて使用してしまう…たくさん使うと危険なので」
と妻の常習を証言した。
検察側は懲役2年を求刑し、即日結審。
判決は11月12日に言い渡される。

 裁判では、酒井被告から高相被告の母に手紙が届いたことが明らかになった。
高相被告は
「『大変申し訳ないことをした。家族3人でまた暮らしたい』と書いてありました」
と告白。
弁護人から「祐一君は?」と問われると
「僕もそれを望んでいます」
と語り、離婚はせず、10歳の長男と3人で更生の道を歩む意志をはっきり見せた。

 高相被告は自発的に病院のカウンセリングを週6回、午前10時から午後7時半まで受けていることを説明。長男との面会についても
「週2~3回ペースで。泊まっていくこともあります」
と絆を取り戻している様子。
今後の仕事については
「またサーフィンで自分を取り戻したい」
とあくまでプロサーファーにこだわる構え。
そんな息子について父、次郎氏は「同居? 本人が望めば全面的に協力します」とサポートを約束した。

 覚せい剤事件を起こした夫婦が再び生活をともにすると再犯の可能性が高まることを指摘された高相被告は、
「自分がやらなければ、妻には入手ルートがないので」
とあいまいに答えていた。
PR
前の記事:ほしのあき 無くした携帯電話が見つかる
次の記事:山本モナ 新宿2丁目で知り合った会社経営者とついに結婚へ
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E5%A5%B3%E5%84%AA/%E9%85%92%E4%BA%95%E8%A2%AB%E5%91%8A%E3%81%AE%E6%89%8B%E7%B4%99%E3%80%8C%E3%81%BE%E3%81%9F%EF%BC%93%E4%BA%BA%E3%81%A7%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84%E3%80%8D
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]