忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

元髭男爵、市井昌秀監督が釜山国際映画祭で最高賞受賞お笑いで挫折した男が映画でトップに立った。
10日閉幕した釜山国際映画祭で最高賞「ニュー・カレンツ・アワード」を獲得した日本映画「無防備」の市井昌秀監督(32)は、今をときめくお笑いコンビ「髭男爵」の元メンバーだった。

富山県出身の市井監督は関西学院大出身。
1999年、同大出身で現メンバーのひぐち君(34)と、愛媛大中退の山田ルイ53世(33)と「髭男爵」を結成。
トリオの名前も市井監督が決めたという。

だが方向性の違いで1年足らずで脱退。
ネタ作りのために見ていたという映画に魅せられ、映画監督の養成スクール「ENBUゼミナール」(東京・神田駿河台)で映画製作を学んだ。
初の長編「隼」が、ぴあフィルムフェスティバル(PFF)2006準グランプリに選出され、今後の活躍が期待されていた。

自主製作した「無防備」は今年のPFFでグランプリになり、満を持して釜山に乗り込んでいた。
受賞に市井監督は
「作品にかかわったすべての方々に感謝します。まだまだ未熟ですが、きちんと人間を描いていけるように努力します」
と初々しいコメント。

脱退後も髭男爵がステージで使う映像を撮っていた市井監督。
帰国後は3人で「ルネッサ~ンス!」と祝杯か。



PR
前の記事:早くも流出!吉野公佳AVが動画サイトにアップ
次の記事:ブラッド・ピットが撮影したアンジェリーナの授乳シーン公開
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%81%8A%E7%AC%91%E3%81%84%E3%83%BB%E8%8A%B8%E4%BA%BA/%E5%85%83%E9%AB%AD%E7%94%B7%E7%88%B5%E3%80%81%E5%B8%82%E4%BA%95%E6%98%8C%E7%A7%80%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E3%81%8C%E9%87%9C%E5%B1%B1%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%98%A0%E7%94%BB%E7%A5%AD%E3%81%A7%E6%9C%80%E9%AB%98%E8%B3%9E%E5%8F%97%E8%B3%9E
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]