忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウルフルズ活動休止の裏側でささやかれる「シビアなビジネス事情」 ウルフルズが先日、無期限の活動休止を発表したことが、音楽業界内外に波紋を広げている。デビュー以来、ヒットにはさほど恵まれなかったものの、コンサートでは安定した観客動員を誇ってきたウルフルズ。
息長く活動するタイプのバンドと見られていただけに、「なぜいま休止なのか」と失望の声も聞かれる。

 しかし、バンド事情に詳しいレコード会社関係者は
「これは計画通りの休止劇ではないか」
と指摘する。
「ウルフルズの所属事務所TAISUKEの森本社長は、ナニワ商人風の物腰で有名なやり手業界人です。ウルフルズや、同じく所属するBONNIE PINKはいずれもデビュー以来長く低迷していましたが、同社長の手腕もあり、結果的にはヒットに結びつきました。最近ではSuperflyなどの若手も育っている。ここでさらに、ウルフルズで唯一タレント性を持つトータス松本をソロでブレイクさせるために、事務所として周辺環境の一新を図ったのが、活動休止の真相ではないでしょうか」
 実際、ペプシのCMキャラクターに抜擢されるなど、最近、トータス松本をクローズアップする動きが目立っていた。
また、今回の活動休止発表は、トータス松本のニューアルバム発売を間近に控え、ソロでの大型メディア露出が組まれたタイミングでのこと。
やはりそこには、マーケティング的な戦略性を感じざるを得ない。

 一方、ベテランバンドが直面する「収入問題」を指摘するのは、別のマネジメント事務所関係者だ。
「ベテランバンドの場合、メンバー間の収入格差の調整が難しいのです。作詞や作曲を行っているメンバーは一定の印税収入が見込めますが、演奏だけしかしていないメンバーの場合、収入の多くは事務所から支払われる給料だけ。しかし、メンバーがある年齢以上になれば、相応の給料を払う必要が出てくるため、小さな事務所にとっては大きな負担となります。それよりも、バンドを解散して中心メンバーとだけ再契約を結び、必要に応じてスタジオミュージシャンを呼んだほうが、事務所にとってははるかに経済的なんです」
 いずれにしても、トータス松本以外のメンバーの生活が厳しくなるのは間違いなさそうだ。



PR
前の記事:「お金より愛」西川史子高慢キャラ崩壊
次の記事:元ちとせが第2子を妊娠、クリスマス前に出産へ
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%BA%E6%B4%BB%E5%8B%95%E4%BC%91%E6%AD%A2%E3%81%AE%E8%A3%8F%E5%81%B4%E3%81%A7%E3%81%95%E3%81%95%E3%82%84%E3%81%8B%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%80%8C%E3%82%B7%E3%83%93%E3%82%A2%E3%81%AA%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E4%BA%8B%E6%83%85%E3%80%8D
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]