忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小室哲哉が告白、新曲50曲ド派手復帰計画 著作権譲渡をめぐる詐欺罪で懲役3年の判決を受け、執行猶予(5年)中の音楽プロデューサー・小室哲哉(50)が、50曲同時発売という前代未聞の復帰計画を進めていることが15日、分かった。

 逮捕からの心情をつづった著書「罪と音楽」(幻冬舎、16日発売)で告白しており、既に20曲を制作。
「今度はリスナーの審判が下る」と“1日1曲”のペースで制作を始めている。

 先月22日、音楽イベント「a―nation」でステージ復帰した小室。注目の復帰第1弾作品について、自著の中で
「ある種、度を超えたものでなければ…。たとえば50曲同時発売はどうだろうかと考えてみた」
と明かした。

 あくまで「現時点での構想」とした上で
「エイベックス所属のアーティストの方々、さらには新人も含め、50曲の全曲が新曲だ。できる限り、全アーティストに直接お会いしてお話をして、曲の方向性を固めて作りたい」
としている。

 関係者によると「既に20曲を書き上げ、毎日、昼からスタジオに入って作業をしている」というから、朝方の生活に慣れた様子。
ヒット曲を出すことが
「これからの僕の義務。許された時間はそれほど多くはない。1年か半年か、いわゆる“ほとぼりが冷めてから”とはいかない」
と強調。
早ければ来春にも発表するとみられ、裁判官よりも容赦ない“判決”を突き付けてくるリスナーからの審判を前に“1日1曲”を自らに課して、100曲を超える中から50曲を選ぶことなる。

 また、著書の中で、逮捕された瞬間を
「(手錠の)カチンという硬い音は本当は小さく短かったはずなのに、部屋の天井や壁に反響して聞こえた。しばらく立ち上がることさえできないほどの脱力感に襲われた」
と振り返るなど、逮捕から拘置生活、公判中の心情などを詳細に吐露。
まひしていた金銭感覚についても
「個人所有としては最大級のクルーザーまで買ったのは尋常ではない。鯉のぼりにも目を避ける魚嫌いが、クルーズなんて楽しめるわけがないのに」
と、ユーモラスに富んだ自虐的な表現で反省している。
PR
前の記事:裏金疑惑も!? 大御所・北島三郎が愛弟子ふたりを『紅白』にゴリ押ししている
次の記事:美人社員がくんずほぐれつ!! SODのDVD発売イベントでアキバ大混乱
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88/%E5%B0%8F%E5%AE%A4%E5%93%B2%E5%93%89%E3%81%8C%E5%91%8A%E7%99%BD%E3%80%81%E6%96%B0%E6%9B%B2%EF%BC%95%EF%BC%90%E6%9B%B2%E3%83%89%E6%B4%BE%E6%89%8B%E5%BE%A9%E5%B8%B0%E8%A8%88%E7%94%BB
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]