忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

裏金疑惑も!? 大御所・北島三郎が愛弟子ふたりを『紅白』にゴリ押ししている 親しい大手プロ幹部から、"演歌の大御所"サブちゃんこと北島三郎が、今年のNHK紅白歌合戦に「俺を出さないでもいいから、北山たけし大江裕を出してくれ」と、紅白関係者にプッシュしているとの情報を入手した。

 その幹部は
「売れているならともかく、北山は北島の娘婿。ダルマみたいな大江とかいう新人歌手は、北島が可愛がる新人。2人とも北島音楽事務所所属だ。サブちゃんの利害だけで2人を紅白に出場させたら、1年間、紅白のために頑張ってきた演歌歌手が報われないよ」
と苦言を呈した。
 

 演歌歌手にとって、紅白に出場することが1年の目標だ。
歌手を抱えるプロダクションにとっても、紅白出演は次の年の営業の成否を握る死活問題。
出ると出ないでは、興業のギャラの額も違ってくるし、営業のオファー件数にも影響する。
演歌全体が衰退して、ヒット曲が生まれないという状況が長く続いている昨今、セールス的に当確といえるのは、氷川きよしくらいだろう。

 そんな中で、10数年前から、「某大手プロのオーナーAに日参すれば、紅白に出場できる」という話が音楽業界の水面下でまことしやかに流れている。
そのオーナーは、政界にも顔が利いた経済人C(故人)に可愛がられていた。そのCに、元NHK会長の海老沢勝二氏を紹介され、いつの間にかNHKの紅白に食い込み、"A枠"を作り上げたと言われているのだ。
"A枠"とは、Aが決定権を持つ出場枠のこと。

 海老沢氏が失脚したあとも、毎年、紅白には"A枠"に入った歌手が何組か出場している。
当然、裏金が絡んでいることは言うまでもない。
今年はそのA枠に、早くも大御所のサブちゃんが「北山と大江を出してくれ」と、アプローチしているのだ。
北山は「剣山」を1月発売したが、ヒットにはつながっていない。
しかし、紅白に4年連続出場している実績があるのは、北島の政治力があってこそだ。

 問題は大江。
大江は今年2月に「のろま大将」で歌手デビューしたが、昨年、同じ時期にデビューした初の黒人演歌歌手のジェロの「海雪」の売り上げには足元にも及ばない。
「TBSの『さんまのからくりTV』で注目されましたが、話題性のある割には、曲は売れていない。プロの道は甘くないですよ」
(音楽プロデューサー)
 さすがの北島でも、自分の力だけで北山に加えて、大江まで押し込むことは難しい。
そこで今年はAに力を借りようというのだ。紅白を牛耳っているといわれているAも、芸歴50年近くを誇るサブちゃんには逆らえない。
今年も、視聴者が納得できない不透明な経緯で選ばれた紅白出場者の発表があるのは間違いなさそうだ。
PR
前の記事:坂口憲二&JJモデルと“お泊りデート”
次の記事:小室哲哉が告白、新曲50曲ド派手復帰計画
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88/%E8%A3%8F%E9%87%91%E7%96%91%E6%83%91%E3%82%82--%E3%80%80%E5%A4%A7%E5%BE%A1%E6%89%80%E3%83%BB%E5%8C%97%E5%B3%B6%E4%B8%89%E9%83%8E%E3%81%8C%E6%84%9B%E5%BC%9F%E5%AD%90%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%82%92%E3%80%8E%E7%B4%85%E7%99%BD%E3%80%8F%E3%81%AB%E3%82%B4%E3%83%AA%E6%8A%BC%E3%81%97%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]