忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

きょう発売の「週刊文春」によると、人気グループSMAPが高視聴率番組「SMAP×SMAP」(フジテレビ)の収録中、あまりの歌のヘタさにゲストが激怒、歌唱指導されたという衝撃の出来事があったという。

問題の同番組が放送されたのは3月24日。
この日のスペシャルゲストは米国のスーパーバンド「TOTO」だった。
トラブルが発生したのはリハーサル中で、TOTOのバンドリーダーでリードギターのスティーブ・ルカサーがSMAPの歌を聞いた途端に「これでは一緒に歌えない」と怒り始め、その場にいたスタッフは凍りついたという。

TOTOのほかのメンバーがなだめてその場は納まったものの、SMAPのメンバー2人に対し、スティーブが30分ほどボイストレーニングを行ったそうだ。

同誌は、番組を実際に見て、このトラブルをうかがわせるやりとりを紹介している。

稲垣 「いろんな凄いスターの方、今まで来ていただいているんですけど、今回が一番難しかったです」
TOTO 「なぜ?」
稲垣 「あのー、メロディーの中に英語の単語が多くて…」
TOTO 「でも、短い時間の中でよくできたよ。ありがとう」

番組ではSMAPのメンバーがいつもより緊張して見えたというのだが、同誌はこのシーンから稲垣と、音痴ぶりを自らネタにしている中居正広が、怒りをかった2人ではないかと推測。フジテレビ広報部とジャニーズ事務所にこの話をぶつけている。

フジ広報は
「メンバーから直々に教えていただきながら一緒にリハーサルを行いました」
と否定も肯定もせず。

ジャニーズ事務所は
「(TOTOが)怒ったということはありません」
と完全否定したうえで
、「(TOTOは)ピアノの近くにSMAP全員を集めて『こうすれば歌いやすくなる』と言って、ボイストレーニングというかアドバイスをされたのです。現場の雰囲気は和気あいあいだったと聞いてます」
と、レッスンらしきものがあったことは認めつつ、その対象はメンバー全員だったとしている。

TOTOといえば、もともとスタジオミュージシャンが集まったバンド。
実際に激怒したかどうかはともかく、音のクオリティーにうるさいのは当然だろう。

それにしても天下のSMAPに歌のレッスンを行ってしまうとは、外国人だからこそできたと言えそうだ。
PR
前の記事:玉木&島谷 さわやかにスピード破局。
次の記事:“古畑”復活! Hey!Say!JUMPの山田涼介がドラマ初主演で大役に!!
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%BA/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%92%E6%BF%80%E6%80%92%E3%81%95%E3%81%9B%E3%81%9Fsmap%E3%81%AE%E6%AD%8C%E5%94%B1%E5%8A%9B
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]