忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

29日に行われる内藤大助亀田興毅のボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチを前に、またも亀田家の周辺が騒がしくなってきている

ボクシングのWBA世界フライ級王者デンカオセーンへの挑戦権をめぐり、次男の亀田大毅(亀田ジム)と坂田健史(協栄ジム)が繰り広げていた激しい争奪戦に決着がついたのだが、この意外な顛末に業界が騒然となっているのだ。

 南米コロンビアで開催中だった総会で、この問題を審議していたWBAが19日(日本時間20日)、デンカオセーンの次期防衛戦は坂田以外の挑戦者による選択試合とし、その後90日以内に、その勝者が坂田と指名試合を行うという"異例の裁定"を下したからだ。

この結果、次の世界戦の挑戦者は、大毅となる可能性が高まった。
だが、すでに王者と契約を交わし、JBC(日本ボクシングコミッション)の承認も得ていた坂田側の訴えが却下され、いわばゴリ押しともいえる形で、大毅のリマッチが実現することについては、協栄ジムの金平桂一郎会長は
「簡単に納得できる話じゃないです」
と憤っている。

そして、WBA総会に参加していたJBCの安河内剛事務局長の帰国を待って
「詳しく事情を聞いた上で今後の対応を考える」
とも言う。
一方、ボクシング界からも
「なぜ亀田だけ、そんなことが認められるのか」
(中堅ジム会長)
といった批判の声も強く出ており、この異例の決定は、今後、業界にさまざまな波紋を広げることにもなりそうだ。

 協栄ジムの金平桂一郎会長は、すでに王者と契約を交わし、JBCの承認まで得ていただけに、今回の決定について
「こんな結果になるとは」
と驚きを隠さなかった。
というのも今回、WBA側が、坂田を次期挑戦者としなかった理由が、意外なものだったからだ。
坂田はWBAフライ級の前王者だが、WBAは、現在の坂田がフライ級ではなく、1階級上のスーパーフライ級の世界ランクに入っている点を指摘。
フライ級で世界戦を行う前に、一度フライ級のリミットまで体重を落として試合を行い、フライ級のランカーとなることを要求したからだ。

 これに対して金平会長は、
「坂田には一度、フライ級リミットの50.8キロ以下に体重を落とし試合をしろということで、そういうルールがあるからと言われたのですが......。改めてルールブックもチェックしたのですが、そんなルールはないんですよ」
と大困惑している。

 これまでのWBAの歴史を振り返っても、別階級からの転級でいきなり世界戦が行われた事例は枚挙に暇がない。
最近のWBAの世界ランクは、極めて恣意的に動かされているとの批判も強く、その恩恵を受けているのが亀田陣営でもあるのだ。

 実際、かつて亀田兄弟が協栄ジムに所属していた際、スーパーフライ級にランクされていた大毅は、フライ級の選手と試合こそしたものの、本人は、一度もフライ級のリミットである50.8キロ以下に体重を落としての試合をしないまま、フライ級のランクに入り、いきなり内藤との世界戦に挑んでいる。

 それゆえ、金平会長は
「今回の決定は、これまでに前例のない話。いわば新しく"坂田排除ルール"を作られた感じです」
とあきれ顔だ。

 また、金平会長は、今回の一連の騒動について、
「そもそもJBCがきちっとした仕切りをしていれば、こうした問題にはならなかったとも思う」
とも語り、WBA総会に参加していたJBCの安河内事務局長が、明日、日本に帰国した後に、
「現地の詳しい事情や状況の説明をしてもらおうと思っています。(今回の決定は)簡単に納得できる話ではなく、今後の対応は、その説明を聞いてから考えます」
と話しており、場合によっては関係者に対して法的処置も含めて厳しい対応をとる可能性さえありそうなのだ。

 一方、今回、WBAでわざわざ挑戦者を決める審議が行われたのは、10月6日の試合で大毅がデンカオセーンに判定負けした直後、父親の史郎氏らが判定に不服を唱え、すぐにパナマのWBA本部に押しかけて、WBAのトップに再選を直訴したからだった。

 このため、亀田ジムが所属する東日本ボクシング協会は、今月16日の理事会で、世界戦の判定に対する異議を世界の統括団体に提訴する場合は、JBCを通じて行うという業界内のルールを確認。
史郎氏が、セコンドライセンスの無期限停止処分を受けている立場であることも含めて、WBAに直談判した動きが、業界の慣習を無視した行為であることに釘を刺してもいた。

 それだけに、WBAの決定で亀田側が実質的に勝利したことについては、日本の業界内からも
「これまでもそうだが、WBAはあまりにも亀田をひいきしすぎる」
(前出会長)
といった声や、
「そもそも協栄ジムの契約を承認していたJBCが、亀田の動きに対して何もせず、黙認していたこともおかしい」
(別のジム会長)
といったJBC批判の声まで噴出しており、今後、さまざまな議論が行われることになりそうだ。

 ちなみに、今回の決定について、亀田ジム側は対外的に「WBAが大毅の試合を決めた」というニュアンスの説明をしている。

 だが、デンカオセーンに対しては、5月に敗れた久高寛之(仲里ATSUMI)も王者側に再戦のオファーを出しているため、王者側の選択次第では、大毅戦ではなく、久高戦となる可能性も残されてはいる。
実際、タイのデンカオセーン関係者は、
「まだ亀田ジムとは何も話もしていない」
と話してもいる。

 とはいえ、大毅の試合となればTBSが放送するとみられ、ファイトマネーの提示も久高陣営より高額になるのは間違いなく、デンカオセーンの次の防衛戦は、大毅戦となる可能性が極めて高いというのが現状だろう。

 一方坂田は、次の試合こそ逃したものの、その次の指名試合を獲得したことで、もしもデンカセーン戦で大毅が勝った場合には、亀田対坂田という因縁の対決がリング上で実現する可能性もあり、金平会長も、その点については「望むところですよ」と話している。

 だが、そもそも亀田兄弟が協栄ジムに所属して時代から、飛び出した直後まで、WBA世界フライ級の1位にいた興毅は、当時の王者だった坂田との試合を避け続けていた。
さらに、因縁の両者は、ギャラの支払いなどをめぐり、現在は法廷闘争まで行っている犬猿の仲。
いくら指名試合とはいえ、すんなりと試合の交渉がまとまるとも思えない。

 もしも大毅がデンカオセーン戦に勝利して、世界王者のタイトルを獲得した直後、亀田家が得意のタイトル返上、転級宣言でもしてしまえば、状況としては、元世界王者の肩書きを手に入れた亀田陣営の一方的な勝利とさえなりかねない......。

 相変わらず業界のルールを無視して独自の道を突き進む亀田家だが、今後もさまざまな軋轢を生み続けることになりそうだ。
PR
前の記事:元ジュディマリTAKUYAバンド、年内で解散
次の記事:ミス・ユニバースSEX動画流出騒動 美馬寛子ブログで「あれは私じゃない」
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/%E4%BA%80%E7%94%B0%E5%A4%A7%E6%AF%85%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%88%A6%E6%B1%BA%E5%AE%9A--%E3%80%80%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%82%82%E3%82%84-%E3%82%B4%E3%83%8D%E5%BE%97-%E3%81%AB%E5%8D%94%E6%A0%84%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%81%AE%E9%87%91%E5%B9%B3%E4%BC%9A%E9%95%B7%E3%81%AF%E5%A4%A7%E5%9B%B0%E6%83%91
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]