忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

加護ちゃん 自殺未遂者に生きるエールを送る!9月13日(土)、新宿ロフトプラスワンで、自殺防止を呼びかけるイベント「ストップ自殺!~あなたは1人ぼっちじゃない~」が行われ、特別ゲストとして、元モーニング娘。の加護亜依(20)が登場した。

今イベントは、自殺未遂体験者の話を聞くとともに、どうやって「生きづらさ」を乗り越えたかについてゲストを交えて話し合い、死を考える人々へ生きるメッセージを投げかけようという趣旨。

前半では、対人恐怖症やパニック障害などで自殺未遂を経験した5人が、絶望の淵から生きる気力を取り戻すまでの体験談を語り、詩の朗読やライブなどのパフォーマンスを行った。
自らの孤独とやりきれなさを切々とつづった詩の朗読には、客席のあちらこちらからはすすり泣きが聞こえるほど。

そして後半では、作家の中山美里さんと、加護ちゃんことタレントの加護亜依を招いて、「生きづらさ」をテーマにトークライブを実施。
加護が登場すると、前半の神妙な雰囲気とは一変、会場は異様な盛り上がりを見せる展開に。

自らも自殺未遂経験者である同イベントの主催者・月乃光司氏に「僕たちの仲間です!」と紹介された加護。
司会者から
「今まで生きている中で、一番辛かったことは?」と聞かれると、「未成年の時に喫煙をして事務所を謹慎、解雇になった時。でも、母親が叱ってくれたり、周りの人間が頑張っている姿を見ていたら、『もう一回頑張ろう』って、段々と前向きになれて。私は1人だと悲劇のヒロインみたいになっちゃうので、色んな場所に行って色んな人と話すことで、ストレス発散になって考え方も変えることができました」
と、自虐ネタも織り交ぜつつ語り、観客の笑いを誘った。

さらに、「落ち込んだ時の対処法は?」という質問には、
「プールに行って、人魚姫になった気持ちで泳ぐ。苦しくなるまで泳ぐと、最後に負けないぞ、という気分になってやる気が出るんです」
と明るく回答。
また、作家の中山さんから「私は16、17歳のころは辛い時期を過ごしてきたのですが、加護さんの思春期はどんな辛さがありましたか?」と聞かれると、
「当時はモー娘。にいた時ですが、基本的に辛いと思ったことはありません。17歳のころは、最高の青春でしたね!!」
と、笑顔を見せた。

最後には
「落ちこんだ時は色んな人と話すことが大切。『加護亜依LIVE~未成年白書~』の中で私はいろんな人と対談したのですが、とても勇気をもらった。だから、この本を読んで私みたいに前向きになってくれる人がいたら嬉しいです!」
と、8月25日に発売した著書の宣伝も卒なくこなした。

芸能活動休止中にハサミで手首を切った、と活動再開時に衝撃告白して周囲を仰天させた加護ちゃん。
彼女がどん底から這い上がり、再び元気に活動している姿を見て、一人でも自殺者が減ってくれればいいのだが......。

なお、同イベントの様子はオールニートニッポンのサイトで動画を見ることができる。
PR
前の記事:"和製ビヨンセ"渡辺直美 風俗過去全暴露の裏事情
次の記事:“ジャニーズ式縛り”に参っている瀬戸朝香
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88/%E5%8A%A0%E8%AD%B7%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%80%80%E8%87%AA%E6%AE%BA%E6%9C%AA%E9%81%82%E8%80%85%E3%81%AB%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%92%E9%80%81%E3%82%8B%EF%BC%81
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]