忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中村雅俊が涙の謝罪会見「役者辞めさせる」俳優の中村雅俊(58)が5日夜、長男で俳優、中村俊太容疑者(31)の大麻所持事件を受けて都内の事務所で会見し、号泣謝罪した。

「息子は客観的にもイイやつで自慢だった」
とうなだれながら、
「役者も辞めさせる。絶対更生させます」
と引退勧告。
20分弱の会見中、何度も涙をぬぐい、目は真っ赤。
憔悴しきった表情だった。
俊太容疑者はこの日、送検された。

雅俊は、会見冒頭から目を真っ赤に泣き腫らしていた。「このたびは本当に大勢の方にご迷惑をかけ、申し訳…」。
涙で言葉にならないまま頭を下げた。
「息子が大麻所持と聞いた途端、頭が真っ白になりました」
「ウソであってほしい、と思いましたけど…事実でした」
俊太容疑者が逮捕された4日、雅俊は茨城県内で、ほぼ徹夜で時代劇ドラマを撮影。
5日午前4時ごろに事務所関係者から初めて知らされた。
5日がクランクアップだったため撮影を続け、終了するや都内へ戻り、会見に臨んだ。

大麻所持の理由については「分かりません」と気持ちの整理が付いていない様子。
「父親の目から見てもスクスクと育って、息子は客観的にもイイやつ。自慢だなと思っていました」
父の存在がプレッシャーになったのでは?との質問には、
「それは他のご子息に失礼。そんなの理由になんないっすよ」
と語気を強める場面もあった。

母の五十嵐淳子(56)は4日夜に「殴ってやりたい」と取材陣に漏らしたが、父は「いい大人が何してるんだ、と怒鳴りつけてやりたい」。

俊太容疑者は雅俊が社長を務める事務所の所属俳優で、
「事務所も辞めさせ、役者も辞めさせる。これくらいやらないとダメ、これくらい」
と引退を勧告し、またも涙。
悔しさをあらわにした。

雅俊は、5月16日公開の主演映画「60歳のラブレター」や同19日開幕の主演舞台「僕たちの好きだった革命」のPRで、6日と7日に計5本のテレビ出演と雑誌取材が予定されていたが、すべて自粛した。

俊太容疑者は11日公開の映画「今度の日曜日に」(市川染五郎主演)に出演。
初日舞台あいさつにも登壇予定だったが、宣伝活動などへの影響は避けられず、雅俊自ら同作の製作会社や主演俳優の関係先などに謝罪行脚に回る予定という。

俊太容疑者が戻ってきたら、どう言葉をかける?と聞かれた雅俊は
、「とりあえず抱きしめて、それから先は…」
と言葉を詰まらせ、困惑の表情を浮かべていた。
PR
前の記事:中田カウス宅に脅迫文書、3日郵便で届く
次の記事:レオ様が映画化権持つ作品にSMAP指名
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E4%BF%B3%E5%84%AA/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E9%9B%85%E4%BF%8A%E3%81%8C%E6%B6%99%E3%81%AE%E8%AC%9D%E7%BD%AA%E4%BC%9A%E8%A6%8B%E3%80%8C%E5%BD%B9%E8%80%85%E8%BE%9E%E3%82%81%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%80%8D
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]