忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

泣き崩れた矢田亜希子…押尾容疑者と離婚へ 麻薬取締法違反の疑いで逮捕された押尾学容疑者は、妻で女優の矢田亜希子(30)と離婚することが必至の状況だ。

すでに2人は半年以上前から別居しており、押尾容疑者は事件現場となった東京・六本木ヒルズにあるマンションなどで生活。
夫婦関係は事実上破たんしていた。

 矢田は事件の一報を受け、ショックのあまり泣き崩れたという。
周囲には押尾容疑者が薬物を使用していたことは知らなかったと説明し、「裏切られた」との思いを吐露している。

 矢田の関係者によると、半年以上前から夫婦関係は冷え切っていた。
押尾容疑者は歌手や俳優としての活動を続けていたものの、かつての人気を取り戻すことができず、収入は激減。
それにもかかわらず、事件現場となった他人名義のマンションのほか複数の別宅を持ち、自宅には戻らなくなっていた。

 押尾容疑者は07年11月に誕生した長男りあむちゃん(1)に「親バカ」と言えるほどの愛情を注いでいることで知られるが、矢田サイドでは離婚を考えざるを得ない状況になっている。

 逮捕の決め手は尿検査によるMDMAの陽性反応。
取り調べをするきっかけとなったのは、全裸女性の不審死だ。

 麻布署によると、2日午後9時19分、東京都港区の六本木ヒルズのマンションの一室から119番通報があった。
救急隊員が駆けつけると、ベッドで全裸の女性が死亡していた。

 女性は30代。亡くなった時、部屋に一緒にいたのが押尾容疑者だった。
しかし、麻布署員が駆けつけた時は通報した男性しかおらず、立ち去っていた。男性は押尾容疑者の友人。
女性の異変に驚いて呼び出されたという。

 マンションの名義は別になっているが、周囲の話によれば「押尾容疑者が事実上住んでいたといえるほど頻繁に出入りしていた別宅」だ。

 麻布署では、押尾容疑者がマンションの事実上の契約関係者であることから、一夜明けたこの日午後1時から任意で事情聴取。
その間、薬物反応の特徴である手の震えなどがみられたため尿検査をしたところ陽性反応が出た。
容疑が固まった午後10時35分、逮捕した。

 押尾容疑者は調べに
「知人にもらった。いつかは分からない。昨日(2日)飲んだのは間違いない」
とMDMAの使用を認めている。ただ
「知人からもらった固形物を飲んだが、違法なものとは思わなかった」
と供述している。
死亡した女性と部屋にいる時に2人で使用したとの情報もあるが、麻布署は「それは分からない」としている。

 麻布署では女性の遺体を司法解剖しており、詳しい死因を調べている。また、事件性の有無についても慎重に調べを始めた。


◆矢田 亜希子(やだ・あきこ)1978年(昭53)12月23日、神奈川県生まれの30歳。95年にドラマ「愛していると言ってくれ」でデビューした。映画は00年「クロスファイア」、ドラマでは02年TBS「マイリトルシェフ」で初主演。06年11月に押尾と結婚、翌年11月に長男を出産。09年1月クールのフジ「ヴォイス~命なき者の声~」で復帰した。
PR
前の記事:酒井法子の夫“怪しい”自称「プロサーファー」覚せい剤所持
次の記事:TBSの木村郁美アナの離婚の裏に黒い影とたくさんの被害者が...
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E5%A5%B3%E5%84%AA/%E6%B3%A3%E3%81%8D%E5%B4%A9%E3%82%8C%E3%81%9F%E7%9F%A2%E7%94%B0%E4%BA%9C%E5%B8%8C%E5%AD%90%E2%80%A6%E6%8A%BC%E5%B0%BE%E5%AE%B9%E7%96%91%E8%80%85%E3%81%A8%E9%9B%A2%E5%A9%9A%E3%81%B8
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]