忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっぱりあった 陣内智則『なるトモ!』降板の裏に紀香の影陣内智則が番組スタート時から4年3か月も司会を務めてきた読売テレビ『なるトモ!』を9月末で卒業することになった。
陣内は18日会見し、「自分のステップアップのために卒業させていただく」と語ったが、実は共演者から総すかん状態で、ひとり浮いていたという。

「2006年に一度『なるトモ!』に大遅刻をしていた陣内は、紀香との結婚後『紀香のせいで遅刻したと思われたくない』という思いから大阪のホテルに前乗りするなどして、がんばっていたんです。しかし他の在阪番組のレギュラーも重なり、週6日大阪生活のような状態になると、紀香との“別居”に耐えられなくなった。そこで毎朝東京から通うスタイルにしたんですが、この頃から陣内は『通勤がつらい、辞めたい』と周囲にこぼすようになりました。そして今年7月にまた遅刻。これが決定的でしたね。それまでも陣内の“紀香との生活優先”という態度を良く思っていなかったスタッフや共演者たちも、番組内ではネタにしていましたが、実際現場は殺伐としていましたよ」
(芸能リポーター)
特に、陣内とともに司会を務めている吉本の先輩・なるみは「あいつはプロ意識がないし、謝り方も知らん」などと激怒。
収録以外では陣内とは口もきかなくなったという。
もともと陣内の都合で生放送から収録に変わった曜日もあるなど、朝のワイドショー『なるトモ!』にとって陣内は“目の上のタンコブ”とも言える状態だった。

それでも陣内さんの看板番組だから」と耐えてきた周囲の堪忍袋の緒が切れた、というのが降板劇の真相のようだ。



PR
前の記事:脱アイドルへ一歩…石川梨華が見せた世界の“裏側”
次の記事:出まくり加護VS週刊ポスト 「法的処置」どこまで本気?
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%82%8A%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%80%E9%99%A3%E5%86%85%E6%99%BA%E5%89%87%E3%80%8E%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%83%88%E3%83%A2%EF%BC%81%E3%80%8F%E9%99%8D%E6%9D%BF%E3%81%AE%E8%A3%8F%E3%81%AB%E7%B4%80%E9%A6%99%E3%81%AE%E5%BD%B1
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]