忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

田代まさし獄中生活を激白!「本当に飯は臭かった」今年の6月、約3年半ぶりに出所した田代まさし
刑期を終えた田代まさしがその獄中生活を語った。

刑務所で見た「幸せだった頃の家族の夢」。
獄中での食事や体罰。
クスリの禁断症状に睡眠薬…。

2004年に二度目の覚せい剤が発覚して投獄された田代まさし。
約3年半の刑期を終えて出所してから3ヶ月が経過した田代まさしが獄中生活についてロングインタビューに応じた。

◆刑務所ではどんなことを考えていましたか?
「一番辛かったのが、刑務所は夜9時就寝なんですが、僕は夜型人間だったので全く眠れなかったこと。テレビは夜2時間見られるんですが、9時になると一斉に消されるので寝るしかない。

しかも一時間おきに見回りが来るのですぐ目が覚める。中には北朝鮮の兵士みたいに大きな足音を立てる看守がいて、これがムカつくんですよ。忍者みたいに足音を忍ばせて歩くような優しい人もいたけど、それでも寝つきは良くなかった。

仕方ないので睡眠薬をもらって寝るようにしました。多いときには5錠も飲んで・・・だんだん減らして、最後は1錠で眠れるようになりましたが。」

◆夢は見ましたか?
「幸せだったころの・・・家族の夢は、よく見ました。皆で海外旅行に行ったり、かみさんとケンカしている夢。あんなことで怒らなきゃ良かったな、って思いましたね」

◆体罰等はありましたか?
「体罰はなかったけど威圧的な看守はいました。怒られたことは一回ありましたね。刑務所って朝飯は一品しかおかずが出ない。前の日にメニューが張り出されるんだけど、次の日の朝のおかずが塩辛だった時があって。

僕は塩辛が食べられないので、『嫌だなあ』と思っていたら、前日の晩ご飯にでっかい厚揚げが出た。『これを食べないで残しておこう』と思い隠しておいて朝になってそれをご飯と一緒に食べてたら看守に見つかって。

そのまま取り調べ室に連れていかれ、その後に所長や副所長全員にこっぴどく怒られた。罰として、半年無事故証を剥奪されて、月給900円のうち500円を罰金として徴収されました。」

(中略)

「くさい飯というけれど、本当に臭い。麦と白米の半々のご飯なんだけど、独特のにおいがする。トイレがすぐ傍にあるせいかもしれないけど。」

◆薬の禁断症状や性的衝動はなかったんですか?
「食事の時に配られるお茶に"精力を減退させる薬"が入っているという噂があって・・・そのせいかは解らないけれど、3年半いる間そういう気は一切起こらなかったですね。

薬の禁断症状も一切起こらなかった。僕がかかった病気は水虫くらい。
3年半の間に、完全に薬は抜けました」


刑務所では毎朝6時半に起床し、朝食後は障害者や老人・政治家などが入る工場で単純作業の毎日。
時間の経過が遅く感じられたのが苦痛だったとも語っています。
オカマの受刑者にしつこく言い寄られたこともあったとか…。
PR
前の記事:ブラッド・ピットが撮影したアンジェリーナの授乳シーン公開
次の記事:「辛く、悲しい、ヒドイコメント」 くまきりあさ美ブログ閉鎖の真相告白
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88/%E7%94%B0%E4%BB%A3%E3%81%BE%E3%81%95%E3%81%97%E7%8D%84%E4%B8%AD%E7%94%9F%E6%B4%BB%E3%82%92%E6%BF%80%E7%99%BD%EF%BC%81%E3%80%8C%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AB%E9%A3%AF%E3%81%AF%E8%87%AD%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%8D
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]