忍者ブログ

芸能界の裏情報や芸能人の裏ニュース・スキャンダルなどをいち早くお届け致します。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「電車男」伊藤淳史がパンクロックデビュードラマ「電車男」などで人気の俳優、伊藤淳史(25)が来年2月25日にCDデビューする。
3月公開の主演映画「フィッシュストーリー」(監督中村義洋)の劇中で、高良健吾(21)らと演じたパンクバンドでアルバムを制作。

バンド名は「逆鱗(げきりん)」。
銀幕から飛び出し、音楽界に殴り込みをかける。

「フィッシュストーリー」は伊坂幸太郎氏(37)の短編小説が原作。1975年、80年代、近未来の3時代に分かれて物語は展開。
75年に売れなかったバンドの最後の1曲が、それぞれの時代の人々をつないでいく。
この曲が「FISH STORY」。
劇中歌は、映画の音楽を担当したシンガー・ソングライター斉藤和義(42)が作曲し、作詞は伊坂氏と2人で手掛けた。

歌、演奏はパンクバンド「逆鱗」が担当。
リーダー兼ベースの繁樹(伊藤)、ボーカルの五郎(高良)、ドラムスの鉄矢(渋川清彦)、ギターの亮二(大川内利充)からなる4人組だ。

もともとミュージシャンの大川内、趣味でバンド活動をする渋川を除き、伊藤と高良は全くの素人。
中村監督が
「演奏できなかったら吹き替えを使う」
とハッパをかけ、撮影開始(今年6月)の2カ月前から猛特訓。
高良はボイストレーニング、伊藤は初体験のベースをマスターした。

アルバム「“フィッシュストーリー”スペシャルコラボレーション・アルバム(仮題)」は、「逆鱗×斉藤和義」名義で発売。
4人の熱演のほか、斉藤によるソロバージョンもあり、12曲で構成。

伊藤は
「伝えたい思いを少しでも誰かに届けられるようにメンバーみんなで一生懸命頑張りました」
とコメント。

斉藤も
「本当に存在してるバンドのようでした」
と絶賛しており、映画公開前後には音楽番組への出演など、銀幕の中だけではない展開を繰り広げる。
PR
前の記事:目はうつろ…飯島愛さん気さく評判も挙動不審だった!
次の記事:「オグシオ」とんねるず特番で見納め対戦
この記事のURL:http://kanebo.blog.shinobi.jp/%E4%BF%B3%E5%84%AA/%E3%80%8C%E9%9B%BB%E8%BB%8A%E7%94%B7%E3%80%8D%E4%BC%8A%E8%97%A4%E6%B7%B3%E5%8F%B2%E3%81%8C%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC
この記事へのコメント

お名前
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

言及リンクがない場合は表示されません

< HOME >
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
ブログの評価 ブログレーダー
ブログ内検索
バーコード
お問い合わせ
フリーエリア
Copyright ©芸能裏ニュース&スキャンダル All rights reserved
忍者ブログ/[PR]